自然派化粧品のデメリットに感じる部分

化粧品の中には化粧品が腐敗しないように、石油成分であるパラベンなどを防腐剤として含んでいます。

この防腐剤の働きは、化粧品を腐敗から防ぎ本来の化粧品の使用期限を延ばすことができるのです。

しかし、肌につける化粧品に防腐剤であるパラベンをいれることは、肌によいとは言えません。

パラベンはアレルギー反応を引き起こす可能性のある物質であるからです。

一方、自然派化粧品に防腐剤を含んでいないものもありますが、防腐剤として天然成分であるローズマリーなどを使用している場合もあります。

自然派化粧品は防腐剤までも天然成分のものを使っているので肌への影響を心配する必要はありませんし、アレルギー反応を引き起こす可能性もとても低いといえます。

しかし、デメリットとして石油成分の防腐剤などにくらべて使用期限が短いため、最低でも3ヶ月で使いきった方がいいとされています。

ですので計画的に使うようにしなければ、ほとんど余ったまま捨ててしまうことになりかねません。

使用期限に注意して使用するように心がけましょう。

化粧品に限らず、人工的に作られるものは大量生産が可能です。

1度に数多く作ることができるため、化粧品1つあたりの単価も安く設定することができます。

しかし、自然派化粧品は主に天然成分を使っているため、天然成分の割合を100パーセントに近づければ近づけるほど大量生産は難しくなってしまいます。

そのため一つ一つにかかる原料費が高価になるというデメリットがあります。

他には、日本の基準として自然派化粧品というネーミングで販売するためには天然成分をどれくらい含んでいなければならないなどという基準が設定されていないため、ほんの少量の天然成分が含まれているだけでも自然派化粧品と呼ぶことができ、100パーセント天然成分で作られた化粧品も当然のことながら同じネーミングの自然派化粧品と呼ばれます。

クオリティには大きな差がありますが、ネーミングが同じなため消費者からすると成分表を確認しないと違いが分かりにくいというデメリットがあります。

日本にも海外のように基準を設けてほしいなと私は感じました。