無添加と自然派化粧品について

最近話題となっているのが、無添加や自然派といった形で販売されている化粧品です。

ネーミングからして一見添加物を一切使ってないように思うのですが、成分表を見てみると添加物は含まれています。

なぜ無添加化粧品が添加物を含んでいても無添加という言葉で販売することができるのかと言うと、アレルギー反応を起こす危険性があるとされる102種類の成分を除いているという条件を満たせば、無添加化粧品というネーミングで販売することができるからなのです。

自然派化粧品も同様で天然成分を少しでも使用していれば自然派化粧品というネーミングで販売が可能です。

しかし、全ての自然派化粧品が少量の天然成分しか含んでいないというわけではなく、日本で作られ販売されている商品の中でも100パーセント天然成分で作られた自然派化粧品はあります。

100パーセント天然成分にこだわりがある方は、購入する際に成分表をよく確認しましょう。

無添加と自然派というネーミングだけを聞いて、添加物が一切含まれていないと思われていた方も少なくないのではないでしょうか。

夏場に水を少しでも放っておくとどうなるでしょうか。

1~2日で雑菌は増殖し、飲めなくなってしまいます。

同様に化粧品も水を含んでいるため、防腐剤をいれなければ腐ってしまうのです。

腐った化粧品を使用すると肌トラブルを起こしかねません。

そういったトラブルを避けるためにも化粧品に防腐剤は必要な成分なのです。

しかし、腐った化粧品を使用するのは嫌ですが、防腐剤を含んだ化粧品を肌に使用することは問題ないのでしょうか。

防腐剤は肌によいとはいえない石油成分であるパラベンという成分などがはいっているため、防腐剤もできるだけ肌に影響が少ないものを使っているものが望ましいのです。

そこで最近話題となっているのが無添加化粧品や自然派化粧品といった天然成分の防腐剤を使用している化粧品です。

無添加や自然派と書かれている化粧品であれば全て天然成分の防腐剤が使われているというわけではないので注意が必要ですが、石油成分を使用しているものと比べると肌トラブルとなる確率は少ないでしょう。

少しでも肌に優しいものを使いたい方には自然派化粧品はオススメです。