日本で作られている自然派化粧品について

自然派化粧品は別名オーガニック化粧品と呼ばれており、海外では愛用者の多い化粧品の一つです。

海外と日本ではオーガニック化粧品というネーミングで販売できる基準が違い、日本に比べ海外の基準はとても厳しいです。

オーガニック化粧品についてドイツやフランス、オーストラリアなど国で基準を統一しているわけではなく、それぞれの国の中でも様々な団体が基準を作っているので、厳しさも様々です。

このことからオーガニック化粧品は世界で統一された基準がないことが分かります。

日本で自然派化粧品というネーミングで販売するための基準は、定められていないため、少量の天然成分が含まれていれば自然派化粧品として販売することが可能なのです。

それなら厳しい基準下で作られた海外のものを購入したいと思いがちですが、日本でも独自で厳しい基準を設けることにより100パーセントに近い天然成分で販売しているお店もあるので、100パーセントに近い天然成分にこだわりを持っている方は、購入前に成分表をよくチェックしてみてください。

日本では自然派化粧品として販売するための基準は今はありません。

そんな日本に対して、例えばオーストラリアの中で作られたある基準では、化粧品に含まれる95パーセントは天然の農産物、残りの5パーセントは農産物ではないが天然の成分を使っていなければならないので、100パーセント天然成分である必要があります。

そんな厳しい基準で合格した海外の化粧品を使いたいと思う人もいると思いますが、日本で作られた自然派化粧品は日本の気候や肌質、日本人の好みに合わせて作られているという点で海外製品より使い勝手がよいという声を多く聞くのです。

他にも、海外から輸入されるものだとどうしても元々の価格より少し高めの価格で販売されます。

化粧品はそんなに頻繁にかえる人は少ないと思いますので、これから数年、数十年と使い続けることを考えれば、価格はできるだけ抑えたいですよね。

日本人の肌に合った天然成分で作られた化粧品もメリットはたくさんあるので、あえて国産の自然派化粧品を選ぶという人も多いのです。